歯科の治療

クレイアート 2本の虫歯

虫歯になってしまうと、進行状況によっても大きく痛みの度合いが異なります。痛みの度合いも個人差があるので一様には言えませんが、多くの方が歯の痛みのせいで眠れないといった事に悩まされています。
歯を溶かしながら進む虫歯菌は、ある程度進行すると歯の神経に到達してしまいます。神経まで到達してしまうと、直接的に神経を溶かすだけでなく、炎症などを起こすことによって痛みが発生します。虫歯による痛みはこの2つの要素が原因となるのです。
初期の場合は炎症もなく、神経に到達してないので痛みを感じません。しかし、進行してしまうと激しい痛みを伴ってしまう傾向があるので注意しましょう。
初期虫歯のうちに治療を行なえば痛みを伴うこともほとんど無い上に早期で治療を済ませられる事が出来るので、虫歯治療のタイミングを逃さない事が重要となります。

進行してしまった虫歯を治療する際には必ず麻酔を使用してから治療を行います。
麻酔をしなければ神経や炎症によって痛みを伴っている部分に、さらに追い討ちをかけるように歯を削り取る痛みを直接感じる事になります。
この治療方法は多くの歯科が選択する方法で、一般的な虫歯治療として知られています。
現在では、本当の意味での無痛治療である麻酔を使用しない治療方法も行なわれる様になりました。ですが、その技術はまだ一部の歯科でしか行なわれていません。現在の一般的な虫歯治療の多くは麻酔を使用して行なう治療が一般的です。